産業廃棄物(木くず、剪定枝、間伐材など)の収集運搬・中間処理

産業廃棄物(木くず、剪定枝、間伐材など)の収集運搬・中間処理

産業廃棄物処分許可証

一般廃棄物保管場所標識

木くず、剪定枝の処理風景


間伐時に発生する伐採材や根っこから、一般のご家庭から出る庭木の剪定枝まで、幅広い処理に対応しております。


サイズの大きな材は抜根チョッパーを使い破砕していきます。


チョッパーにより破砕された材を更に細かく粉砕するため、専用の木材破砕機へ投入します。


機械天井部から投入された材が、機械の中で細かく粉砕されチップ状になりベルトコンベアから排出されます。


ウッドチップとなった木くずはその後、最終処理へ手配を進めていきます。このようにしっかりと粉砕され細かになったウッドチップであれば、燃料や堆肥などとしての再利用・リサイクルも可能になります。

⇒ ウッドチップの再利用、ご購入についてはこちらから
(クリックするとお問い合わせページへジャンプします。)


事業内容一覧